Nature Island AG-Fish
カナダ・フィッシングガイドの自然生活 徒然雑記帳。
プロフィール

agfishca

Author:agfishca
空には白頭鷲が舞い、海峡にはシャチが泳ぐカナダの小島、クアドラ島に潜むフィッシングガイドagfish 。生まれも育ちも日本。正真正銘の日本人なのだが、半生を島で過ごしているから、この頃はちょっと怪しいらしい。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹色の竿


ひょんなことからダブルハンドのフライ竿が増えた。
先日、S社の広報誌取材をした時、フェルールの一箇所が固着、抜けなくなリ、やもなく取り残されたのだ。
「抜けたら持って行きますから」と預かった竿だった。

部屋の片隅にしばらく立てかけて置いたのだが、4ピース、16フィートもある竿だから、抜けない部分は8フィートを越えて持ち運びにも不便。忙しさも手伝って、日の目を見ないままだった。

そんなある日、スペイキャストをするとフェルールが緩むことを思い出し、天気の良いのを口実に、近くのゴルフ場の池へ持ち出した。
虹色に輝く竿は異様な雰囲気だが、大手会社の竿だけに軽い。
ライン指定は#12とあるが、リールに巻いてあったDT#9で試してみることに。
最初はラインが軽くて使いにくいと感じたが、慣れてくるとちゃんと飛んでいく。それでは、みようみまねのスペイキャストも始めると、これも難無くこなす出来栄え。

「どうして、結構いいじゃない!」
それ以来、この虹色の竿はすっかりお気に入りになってしまった。

最近は練習のあと、フェルールが抜けないことを確認すると、なぜかひと安心。
固着したフェルールが抜けないことを祈る今日この頃なのだ。



スポンサーサイト
ストリーム・オブ・ドリームス
streamdream.jpg
ストリーム・オブ・ドリームス
「希望の流れ」と呼ばれる活動は、人々の川や湖、海などの水にに対する考え方を改善することを目標に始まった環境教育プログラムです。
つづきは↓こちら。


[つづきはこちら...]
シロマッタケ
matsutake2.jpg

カナダ産シロマッタケでございます。

これは、マッタケ捕りの友達からもらったもの。

今夜はすき焼き?茶碗蒸?

matsutake1.jpg

と思ったら、炊き込み御飯でした。

秋の味覚でございます。
ジャイアント・オクトパス


先日のエントリーで紹介したクラブ・トラップ。
その後はちっともカニが捕れず、あの手、この場所と戦法を変えカニ取りに励むある日のことです。

10mの深さに仕掛けたカゴを一緒に来たカミさんと下の息子が上げるといいます。
ロープが張り、カニカゴが少しづつ持ち上がってくるのですが、かなり重そう。
空っぽのカゴはそんなに重くないので、もしかしてカニが山ほど入っているのかも!と、期待タップリ。
私も仲間に加わります。
つづきは↓こちら。
[つづきはこちら...]
テレビ電話


SKYPE(スカイプ)をご存知でしょうか?
実は小生も先日のNHK出演の話があるまで全く何者か知りませんでした。
インターネットを利用して無料で電話が掛けられるサービスで、ウェブカメラを使えば、アニメとか映画の中で見たあの未来の電話「テレビ電話」が手に入るのです。
しかも無料!どれだけ話してもタダ!という画期的なサービスです。
使い方は簡単でソフトをSKYPE(スカイプ)からコンピューターにダウンロードし、ウェブキャムをつなぐだけで無料テレビ電話の出来上がりです。通信速度により多少のタイムラグは起きますが、そこは無料ですから我慢して、親戚、友人、恋人とインターネットの環境さえ許せば時間を打ち合わせするだけで、世界中どこでもSKYPE(スカイプ)を通し無料でテレビ電話をかけることが出来ます。

ウェブカメラは自前で用意しなければならないですが、電気屋さんでヘッドセット込みで5000円ほどで入手出来るようです。
テレビ電話でお話ししたい人は是非ともお試しあれ。

11月9日はこのウェブカメラを通して、皆様の御宅にお邪魔致します。
11月9日、NHK、BS1、日本時間 夜9時10分~9時59分時 の「地球アゴラ」 お暇がございましたらどうぞご覧下さい。


「地球アゴラ」に出演です。


先日、「地球アゴラ」という番組の取材班がやって来ました。
「AGFISHの暮らし~自然に囲まれた生活」がテーマのイメージ画像の取材です。

幸いにも取材当日は天気に恵まれ、家族そろってサーモン釣り風景の撮影へもでかけました。
幸か不幸か、チャムサーモンダービーの開催日と重なって、ポイントには150隻以上のボートがひしめいていて大賑わい。さすが「サーモンキャピタルキャンベルリバー」といった雰囲気です。
ところが、周りを見回せど、どの船も釣れている気配はありません。
前日収集した情報では、「釣りは最悪。50隻出て釣れたのは1匹」などという散々な釣果だったらしことことも手伝って、以前のTV取材で苦い思いをしたことが脳裏をよぎります(汗)。

生活の取材だから後続の撮影スケジュールは目白押し。釣りにかけられる時間は1時間ほど。極わずかしかないのです。

「1発勝負!」「1匹釣れれば絵になる。」「1匹でいいんだ!」
神経を張り詰めて見つめる竿先。
緊張のあまり口数が少なくなったころ大望のアタリ!
2本の竿先が同時に激しく動くダブルヘッダーです。

私が竿に、そして、「あうんの呼吸」でカミさんも同時にもう一本の竿へ。

が、しかし、空振り。よりにもよって、どちらの竿も・・・。

先行き怪しい気配が・・・ムムム。
この先、どうなってしまうのか?AGFISH???

と、心配しながらもその後は順調。
1時間で6回のアタリ四尾を子供たちが釣り上げて釣りシーンの撮影終了。
野生動物もたくさん撮れて良い画像満載です。

さて、この続きは番組をご覧いただくといたしまして。


今回の放送はスタジオと我が家をウェブキャムでむすんでの生放送。
出演時間は数分の限られたものですが、11月9日、NHK、BS1、日本時間 夜9時10分~9時59分時 の「地球アゴラ」 お暇がありましたらどうぞ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。