Nature Island AG-Fish
カナダ・フィッシングガイドの自然生活 徒然雑記帳。
プロフィール

agfishca

Author:agfishca
空には白頭鷲が舞い、海峡にはシャチが泳ぐカナダの小島、クアドラ島に潜むフィッシングガイドagfish 。生まれも育ちも日本。正真正銘の日本人なのだが、半生を島で過ごしているから、この頃はちょっと怪しいらしい。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅鮭漁



8月になって紅鮭漁が始まった。
漁船の合間の釣り船。
どう見ても漁師の方に分がありそうだ。


スポンサーサイト
食い渋り
masamune.jpg


8月上旬。
2カ月ぶりの雨にキングサーモンは食い渋り。
なんとかMさんが仕留めたキングサーモンは、18ポンドのまずまずの型。

この日はボーズの人が多かったようだ。


● 日本から3泊5日で行けるカナダ・キャンベルリバー・キング・サーモン・フィッシングツアーはこちら。 大物がお待ちしております。

● カナダ・ザ・サーモン・フィッシングのホームページはこちら


長丁場
やっと長丁場、16日間の釣りが終わりました。
その間船の上にいた時間は200時間超え。
釣り上げた魚の数は数えきれないくらい。
その報告は後日に致しますね。
余裕
meier.jpg
            大物相手に話しをする余裕もある

父親に連れられサーモンフィッシングは小さい頃からというこの女性。力みもなく何なく大物を取り込む余裕にはその経験の深さを感じさせられます。
「ゴメンね、力がなくって竿をこれ以上立てられないの」
というこの女史。
「いえいえ、そんな必要はございません」と言ってしまうほどの見事な竿さばき。

いやはや。人は見かけによらないものでございます、ハイ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。