Nature Island AG-Fish
カナダ・フィッシングガイドの自然生活 徒然雑記帳。
プロフィール

agfishca

Author:agfishca
空には白頭鷲が舞い、海峡にはシャチが泳ぐカナダの小島、クアドラ島に潜むフィッシングガイドagfish 。生まれも育ちも日本。正真正銘の日本人なのだが、半生を島で過ごしているから、この頃はちょっと怪しいらしい。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングサーモン釣り本番です
joe.jpg

ここ数日間はクアドラ島の南でキングサーモン釣りが好調です。
まだまだ小型が多いですが、時には90cmの大物も。
この状態は7月中旬くらいまで続くのが例年のパターンです。

もっと見たい方はこちら


● 日本から3泊5日で行けるカナダ・キャンベルリバー・キング・サーモン・フィッシングツアーはこちら。 大物がお待ちしております。

● カナダ・ザ・サーモン・フィッシングのホームページはこちら



スポンサーサイト
思わぬ大物
hali.jpg
           この魚を一人で取り込むのは「老人と海」の世界

昨日の仕事帰り、チョット釣りでもと、下ろした仕掛けに掛ってきたのがこの魚です。
浮いてきた魚は想定外の大物。緊張で胃が痛くなり始めます。
ただここで問題なのは、この魚をだれがアミですくうかということ?普段は腕の良いガイドさん(自分)がいて、浮いた魚を手ぎわ良くすくってくれるのですが…。そのガイドが自分であり釣り人も自分。
今までの経験をもとに左手に竿、右手に網で何とか網にお納めました!

ズッシリとした重さが両腕に伝わります。

そこでまたまた問題浮上!この魚を自分一人でどうやって船の中に取り込むかです。
何度もアミごと持ち上げて取り込もうとするのですが重すぎててもちあがりません。
30分ほど苦闘の末、何とか引きずりあげたのがこのオヒョウ 1m52cm、87ポンド(40kg)の大物です。

小さな新入り
momochick.jpg

お願いヒヨコちゃん、ウンチだけは勘弁して。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。