Nature Island AG-Fish
カナダ・フィッシングガイドの自然生活 徒然雑記帳。
プロフィール

agfishca

Author:agfishca
空には白頭鷲が舞い、海峡にはシャチが泳ぐカナダの小島、クアドラ島に潜むフィッシングガイドagfish 。生まれも育ちも日本。正真正銘の日本人なのだが、半生を島で過ごしているから、この頃はちょっと怪しいらしい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リングコッド
ling.jpg
         こんなのに噛みつかれたらたまったモンじゃない。


突然ボートの上に引きずり上げられて、ご機嫌斜めなのはリングコッド様。
「俺は何でこんなところにいなけりゃいけないんだ?」と、言いたげな表情です。

このリングコッドという魚、北アメリカの太平洋側にだけ生息するアイナメ科に最も近い魚です。
見た目はカジカの頭にアイナメの体を持ち、1cm以上もある歯が並んでいていかにも乱暴そう。
実際に性格は凶暴で、ソイやメバル、サーモンと近くを通り過ぎるものは手当たり次第に捕食し、時には釣れたメバルに噛み付いたまま船べりまで上がってくることもあるほど貪欲です。
大型になるとゆうに1mを超え、152cm、59kgなどという化け物クラスも確認されています。

水深100m以内の浅場にいるからでしょうか、アラスカからアリューシャン列島沿岸を伝って、北海道まで行きそうなのですが、こちらにはホッケがいないのと同じように日本では生息していない魚のようですね。

釣り方はエサ、ルアーといろいろ。
場所にもよりますが、12OZの大型ジグヘッドに25cmの特大ソフトルアーをつけて落とせば、底に付く前に大口を空けて飛びついてきますよ。


リングコッド釣り、興味がある方はこちらへご連絡ください。
●サーモン・フィッシングツアーはこちら

この記事に対するコメント
これも・・・
やってみたい!
【2009/06/22 03:44】 URL | minamo #SwtYiH2I [ 編集]

minamo さん
やりましょう!来年かな?
キングの大群がキャンベルリバーに来ていました。
滞在期間は4日間。
みんな良い釣りしたようです。
次の群れがいつ来るか楽しみです。
【2009/06/22 06:56】 URL | agfish #Wbygkc0M [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://agfishca.blog15.fc2.com/tb.php/180-844ee32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。